こんにちは。
彦根市の数学専門個別指導学習塾、安澤数学教室です。
 
今回は、中学3年10月からの勉強内容について紹介します。
 
この時期から高校受験に向けてやることといえば、
 
1.定期テストで点数を取る
2.受験勉強をがんばる
 
という2つを思いつかれるかもしれません。
 
しかし、これらの2つは別々に考えるのではなく、実は
 
定期テストの勉強=受験勉強
 
であることを意識して学習に取り組んでもらいたいと考えています。
 
なぜなら、この時期の定期テストに出てくる内容は、高校入試にも出題されるようなものが多く含まれているからです。
 
 
私はいつも指導させてもらっている生徒さんには
 
あとでもう一回勉強しなくていいくらい、今のところは今のうちにマスターしておきましょう
 
と伝えています。
 
 
そういう意識で勉強してもらえれば、「受験のため」に勉強しなければならない範囲を減らすことができると考えているからです。
 
 
入試まであと数ヶ月のこの時期、すべての範囲を隅から隅まで復習して、完璧な状態に仕上げることは難しいかもしれません。
 
限られた時間の中で効率的に勉強していかないといけません。
 
そうであれば、定期テストは定期テスト、受験勉強は受験勉強と分けてしまうよりも、
 
定期テスのための勉強も受験勉強の一部
 
と考えたほうが、効率的に勉強を進めることができると思います。
 
 
また、そういう意識で定期テストの勉強に取り組めると、普段の学校の授業の受け方も変わってきます。
 
つまり、学校の授業を受けるのは定期テストで点を取るため、という発想そのものを変えないといけないということです。
 
 
このように、「定期テストの勉強=受験勉強」という気持ちで取り組めると、勉強効率は一気にアップします。
 
 
高校入試までの時間もなくなってきているわけですから、「またとから勉強し直せばいい。」という気持ちは捨てることが大切です。
 
 
「冬休みに総復習しよう!」なんて考えは以ての外です。
 
 
最初に挙げた通り、これから高校受験に向けてやることは、
 
1.定期テストで点を取る
2.受験勉強をがんばる
 
この2つです。
 
しかし、これらは全くの別物ではなくつながっているものなんだという意識で取り組むことが大切です。
 
このような考え方を参考に、10月以降の勉強も頑張ってもらえればと思います。