数学の成績が上がらない高校生がやってしまうありがちな 勉強のやり方 「問題の解き方について」

こんにちは、教室長の安澤です。

今回は、数学の成績が上がらない高校生にありがちな勉強のやり方の1つを紹介します。
それは「図や表をかかない」ということです。

「時間がかかるから」、「面倒くさいから」、「解けるから」といって、何も書かずに頭の中で解いている、あるいは口で言って解こうとする生徒がいます。

ですが、実際に書かなければ、途中式の確認はできません。
また、厳密さが要求される数学では論理があいあいんあってしまうので、そういう生徒は生成が上がりません。
必ず書いて解くようにしてください。

特に、図や表、グラフの数値などはしっかり書き出して、手で解くことを心がけてください。
書いていくと、そこからひらめくことも多いので、解ける確率が上がります。

何を書いて解けばいいかというと、それは「問題集や参考書の解答に書いてあること」です。
問題集や参考書の取り組むときは、白紙から自分で解答を書き出せるように練習しましょう。

関連記事

  1. 数学の成績が上がらない高校生にありがちな勉強法「わからない問…