中学数学でつまずきやすいポイント

こんにちは、教室長の安澤です。
今回は、中学数学でつまずきやすいポイントを紹介します。

中学1年生の場合、まずはじめにつまずくポイントは、「負の数」が出てくることです。
内容としては、小学校でも習った計算問題の延長線上にあるのですが、表現が変わるだけで、難しく感じる生徒さんが多いようです。

中学2年生の場合、つまずきやすいポイントは、中学1年の1次方程式に続く「連立方程式」と、比例・反比例に続く「1次関数」です。
方程式や関数は入試頻出の単元でもあり、ここをきちんと押さえておくことが大切です。
「連立方程式」や「1次関数」でつまずく生徒さんの多くが、そこに関連がある中学1年や小学校の内容をしっかり理解できていない場合が多いようです。

中学3年生の場合、「2次関数」「相似」「三平方の定理」など、難易度の高い単元が登場します。
また、「関数」と「図形」が合わさった問題が出てくるなど、これまで習った単元を複合させた応用問題も登場します。
これらの応用問題は、中学1年と中学2年の内容がしっかり身についているかが問われるので、前の学年でつまずいた単元があると、解けない問題が多くなってきます。

中学で学習する数学には、「説明を受けてもまったく理解できない」という単元は、ほとんどありません。
前の学年の単元を復習したり、正しい演習を繰り返したりすれば、必ずできるようになる教科です。
「復習の仕方がわからない・・・」「苦手意識が先行してしまう・・・」そういう生徒さんは、ぜひ安澤数学教室にご相談ください。
正しい復習や演習方法を学ぶことで、苦手を乗り越えられるようにサポートさせてもらいます。