安澤数学教室



トップページ 教室紹介 講師紹介 生徒さんの声 お問い合わせ
 

  講師紹介

こんにちは、教室長の安澤正剛です。

私は、学生時代から家庭教師や学習塾の講師をしてきました。

はじめのころは算数・数学のみならず国語や英語、理科、社会の授業も担当
していました。

しかし、算数・数学の授業は特別、「先生の説明はとてもわかりやすい」と、
生徒から好評でした。




「数学は安澤先生に見てほしい」といってくださる生徒、保護者様まで居られ、
私自身も数学の指導は、自信を持って授業を行えました。


膳所高校や彦根東高校など、滋賀県内トップクラスの高校への合格には、数学が
できるかできないかが重要になってきます。


なぜ数学が重要かというと、滋賀県の数学の入試問題は47都道府県の中でも

・難易度が高く
・実力が反映されやすい

からです。
ですから、数学が苦手な生徒は他の教科がいくらできても大きなハンデになって
しまいます。

また数学は努力の量、勉強時間の割に成績がなかなか上がらない生徒が一番多い
教科です。


ですが、それは勉強の仕方が間違っているからなのです。




数学は、正しい方法でしっかり勉強すれば必ず成績が上がる教科です。

数学の正しい勉強法とは「自分の知らない解き方を覚える」ということです。

「数学の問題を解くときは、何も見ずに考えよう。」や「自分の頭で考えることが
大事」と言う先生もいます。

しかし、高校受験や大学受験の勉強ではその必要はありません。
時間がかかるだけで成績は上がりません。


基本的な解き方を覚えていないのに、問題を解こうとすることは、九九を覚えて
いない小学生が2桁以上のかけ算の計算に挑戦することと同じです。

ですから、基本的な解き方を覚えて同じような問題、類題を繰り返し解く。

そうして知っている解き方を増やすことが数学の成績アップへの近道であり、
数学の正しい勉強法なのです。


Copyright © 2010 安澤数学教室 All rights reserved.
by ホームページ制作・管理代行サービス